飯田橋光洋クリニック 東京都千代田区の心療内科

℡03-5212-1778 東京都千代田区富士見2-3-10 北澤ビル2階 

  • HOME
  • >
  • 診療内容

東京都心療内科飯田橋光洋クリニック診療案内

不安・緊張・抑うつに対する精神療法
神経症に対する外来森田療法
対人関係(職場・家庭内のストレス等)のカウンセリング

対象疾患

うつ病・うつ状態

意欲低下、易疲労、抑うつ気分、
不眠、食欲低下

神経症

不安神経症、パニック障害、
心臓神経症、
  胃腸神経症、過敏性腸症候群等
対人恐怖症、場面恐怖症:緊張性振戦、
  書痙、赤面恐怖症、会食恐怖症等
強迫観念症:不完全恐怖、不潔恐怖、
  雑念恐怖、疾病恐怖

ストレス関連障害

ストレス性の心身不調
不眠
不安・緊張状態
食欲減少、下痢
自律神経失調症
 
初診時から対話を重視し、精神療法を行っている
 精神療法には一般精神療法と専門的精神療法とがあり、一般精神療法では、対話を重ねる中で、その人の特性と取り巻く環境、ケースによっては家族の状態も考慮して、専門的なアドバイスを行っている
 専門的精神療法としては、神経症に対する外来森田療法を実施している。
 希望者には併設のカウンセリングルームで、職場や家族の対人関係、個人の内的な不安等に対する、専門的なカウンセリングを実施している。

ネットワーク

 東京医科歯科大学等の大学病院、国立国際医療センター、聖路加病院等の総合病院、企業の医務室・健康管理センター、EAP、大学の医務室・学生相談室等とのネットワークを持ち、飯田橋光洋クリニック単独で可能な 以上の水準の医療、メンタルヘルスを提供しています。

心療内科・精神科 飯田橋光洋クリニック

保険診療・自由診療
院長 市川光洋

予約制 ℡03-5212-1778

治療方針

薬物療法について

 当院の薬物療法は、臨床的に必要な薬物のみを使用する方針であり、不必要な多種類・大量投薬はおこなっていない。
 参考までに2012年と2016年、1月~3月の3か月の間に通院されたすべての方を対象に、処方された薬品名数(薬を全く服用していない場合は「なし」の分類)を集計した。

  • 消炎鎮痛剤、漢方薬等のすべての薬品名を含む
  • 例えば3ヶ月間に2週間に1度、計6回来院し、5回は投薬がなく、1回頭痛のための頓服が出た場合でも1種類の人数にカウントしている
処方薬割合2012年
処方薬割合2016

 
 実際の薬物使用を見ると、グラフのように、0~1薬のみが約50%であり、2薬までで約75%となっている。通院中の大多数のケース(94%)は、3~4薬以内までで治療可能であることがわかる。ただし1部(6%)の身体疾患を合併したり、複数の精神的疾患を持つケースでは、補助的な薬も含めて5~7薬が必要となっている。反対に、薬を使わず、精神療法のみで治療可能なケースも20%以上見られている。

電話 & FAX : 03-5212-1778

 

10:00~12:00 17:00~20:00(3週間毎)
9:30~13:30(隔週)  
10:00~13:30 16:00~20:00
10:00~13:30 16:00~18:00
   
9:30~12:00 13:00~15:00

 
  日・祝祭日・火曜午後・金曜 休診
(10月から1月まで上智大学の講義のため金曜午前休診となります) 
 
休診:10月 10日・24日 (火)
   11月11日(土)学会のため

診療内容診療内容
アクセス診療時間アクセス診療時間
ストレス反応ストレス反応
神経症神経症
うつ原因と治療うつ原因と治療
知識専門職のうつ知識専門職のうつ
リンクリンク
メンタルヘルスプランメンタルヘルスプラン
飯田橋光洋クリニックトップページ飯田橋光洋クリニックトップページ
  
飯田橋光洋クリニック
℡03-5212-1778
〒102-0071
東京都千代田区富士見
2-3-10 北澤ビル2F