飯田橋光洋クリニック 東京都千代田区の心療内科

℡03-5212-1778 東京都千代田区富士見2-3-10 北澤ビル2階 

  • HOME
  • >
  • ストレス反応

春の飯田橋 東京逓信病院付近

ストレス反応には、原因と対処法を考えていく対話・精神療法が効果的です。

仕事のストレス

a.仕事の量によるストレスから来る反応
  仕事量の増加・長時間の緊張する勤務などによる、精神的疲労から、集中力低下・意欲低下、食欲低下、慢性的疲労感、起床困難、睡眠の質の低下、睡眠リズムの不安定などの症状が出現している場合。
b.仕事の質によるストレスから来る反応
  異動による仕事内容の変化、人間関係の変化、職場の方針の変化などによる、精神的緊張から、不安、あせり、パニック、不眠などの精神的症状と共に、自律神経の緊張による、動悸、頭痛、肩こり、腹痛、下痢などの身体症状も出現している場合。

家族のストレス

  家族の病気・介護のストレス、結婚・離婚・子供の独立など家族の人間関係の変化のストレスなどから、疲労、緊張、意欲低下、不安、不眠、体重減少などの症状が出現している場合。

個人の内的ストレス

  昇進、転職、退職、結婚、転居など他人からみるとむしろ祝福されるようなできごとをきっかけに、自分の生活や人生に迷い出し、不安、意欲低下、不眠などの症状と、自分のアイデンティティに疑問・迷いが出てくる場合。

都心の精神科クリニックは来院する患者に特徴があり、当院のある千代田区にはその特性が顕著に現れています。千代田区は夜間人口は4万人、それに対して昼間人口は85万人です。その差の81万人はこの地区に通勤・通学し、昼間の生活を企業の本社や官庁、大学等で送っています。必然的に、都心の精神科クリニックでは、受診者は企業の一員かその予備軍としての学生となります。症状は不安・緊張・疲労・抑うつなどですが、その背景には、仕事や学業と関連するストレスが見え隠れします。
 当院が開業したのは、1989年(平成元年)です。夜間外来から開始したため、受診者は、仕事帰りのビジネスマンの方が多かったのですが、その頃はこのようなクリニックは少数派で、他のほとんどのクリニックは、統合失調症を中心とする外来をおこなっていました。また、都内の精神科クリニックは簡単に数えられるほどの数しかなく、都心には皆無に近い状態でした。
 現在、都心には多くの精神科・心療内科のクリニックがあり、当院にも、コンサルタント、IT関連、金融、法律関係者、大学教員等、多くの知識労働者の方たちが、メンタルヘルスの不調を訴えて来院されています。

診療内容診療内容
アクセス診療時間アクセス診療時間
ストレス反応ストレス反応
神経症神経症
うつ原因と治療うつ原因と治療
知識専門職のうつ知識専門職のうつ
リンクリンク
メンタルヘルスプランメンタルヘルスプラン
飯田橋光洋クリニックトップページ飯田橋光洋クリニックトップページ
  
飯田橋光洋クリニック
℡03-5212-1778
〒102-0071
東京都千代田区富士見
2-3-10 北澤ビル2F