飯田橋光洋クリニック 東京都千代田区の心療内科

℡03-5212-1778 東京都千代田区富士見2-3-10 北澤ビル2階 

飯田橋光洋クリニック

東京都心療内科飯田橋光洋クリニック診療案内

対話によるオーダーメイドの治療
 当院には緊張・不安、気分の落ち込み、不眠など様々なメンタルヘルスの不調でお困りの方が来院されています。企業に勤務されている方、大学生、セカンドライフに進んでいる方、個人事務所や少人数のパートナーで事業をされている方たちもいらっしゃいます。当院ではお薬もお出ししますが、あくまで当面の症状を和らげるための対症療法と考えています。
 治療の時間の中では症状の背景にある仕事の悩み、ご家族の悩み、人間関係での悩み、個人のライフサイクル上での悩みなどをお聞きしながら、医師、臨床心理士が、対話を通じてその問題の解決や、メンタルヘルス=精神の健康をとりもどす道をご一緒に考えていきます。
 このように、対話を中心とする治療が当院の特徴で、この対話の中には、症状のこととは別に、その人の個性や、今の状況、過去の歴史などのお話が自然と出現してきます。そして、その結果として、問題を解決する知恵も自然と現れてきます。
このように当院の治療は、一人一人の解決の知恵を探すオーダーメイドの治療法となっています。
 治療は臨床経験30年以上の医師と臨床心理士が担当いたします。医師は精神科専門医・精神保健指定医の資格を有するとともに、知識労働の精神医学、企業内メンタルヘルス、神経症の精神療法等を専門とし、併設のカウンセリングルームのセラピスト(臨床心理士)は、対人関係療法、認知療法、精神分析的精神療法、家族療法、EMDR、自律訓練法等を行います。

薬物療法について

基本的に薬物療法でも大量投与は行わず、必要最小限の投薬にとどめています。
薬を使わず、精神療法のみで治療可能なケースが20%以上、0~1薬のみが約50%であり、2薬までで約75%となっています。
処方薬割合2012年
処方薬割合2016

詳しくは 診療内容をご覧ください。
多種類大量の薬物療法が奏功せず、企業の健康管理室や産業医から治療の変更を示唆されて来院するケースも年々増加しています。ご本人の意志が何より重要ですが、
症状や治療歴に加え、仕事の内容・適性・人間関係、生育歴、家族関係など詳細な診立てに基づき適応障害・不安障害・神経症圏のうつ状態と診断された場合には、精神療法によって、治療薬の整理・減量に成功する例が多くなっています。

東京都千代田区富士見2-3-10 北澤ビル2F

JR 飯田橋駅西口徒歩2分。
最初の信号左折、1つ目の角を左折すると入口です。
南北線・有楽町線B2a出口徒歩2分
左へ直進、2つ目の角を左折すると入口です。
1階に城内蕎麦小いずみのあるビルの2階です。
 

大きな地図で見る

電話 & FAX : 03-5212-1778

 

10:00~12:00 17:00~20:00(3週間毎)
9:30~13:30(隔週)  
10:00~13:30 16:00~20:00
10:00~13:30 16:00~18:00
9月30日~2月まで休診  
9:30~12:00 13:00~15:00

 
  日・祝祭日・火曜午後・金曜 休診
 
休診:6月5日・12日・26日(月)6・20日(火)

診療内容診療内容
アクセス診療時間アクセス診療時間
ストレス反応ストレス反応
神経症神経症
うつ原因と治療うつ原因と治療
知識専門職のうつ知識専門職のうつ
リンクリンク
メンタルヘルスプランメンタルヘルスプラン
飯田橋光洋クリニックトップページ飯田橋光洋クリニックトップページ
  
飯田橋光洋クリニック
℡03-5212-1778
〒102-0071
東京都千代田区富士見
2-3-10 北澤ビル2F